Menu

WHERE TO GO? Blog

おふとん丸

おふとん丸に乗ずれば
頓に目覚めし夜明けかな


おふとん丸は不思議な船である。
数え切れないほどの眠りを経験しながら、眠る瞬間の記憶がまるでない。

おふとんに入るところはよく覚えている。
寝返りをうったり考え事をしたり、時には羊を数えたり、これらもよく覚えている。
いつ眠ったのか、その瞬間が分からない。
目覚めると「たしかに眠っていた」と知れるのだが、眠りの瞬間はまるで無かったかのようだ。

眠っている時間もまた不思議である。
例えば点滴なんかで「3時間くらい横たわっていろ」と言われれば苦痛でたまらないが、おふとん丸に揺られる6時間には快適という意識すらない。
おふとん丸は時間の進み方がちがう。

それでいて眠れない夜には、喚べば喚ぶほど遠ざかるおふとん丸である。
乗ろうと思って乗れる船ではない。
喚んでもこないおふとん丸に、気づいたら乗せられて、朝。

アルパカはかわいいどうぶつ

アルパカという名前のどうぶつを知ったのは、木彫りのアルパカを見たのがはじめてだ。
いや、マフラーの素材だったっけ。
とにかく本物のアルパカを見る前に「アルパカはかわいいどうぶつ」と認識してしまったのである。
そうしてそれは、画像検索によると、間違いではなかった。

「アルパカに会いたいなあ」と想い続けて幾年月。
アルパカのいる動物園は把握していた。
動物園に行くのは寒い季節が適しているとも考えていた。
フットワークだけが不足していた。
気力体力ときいたり、ようやくアルパカをこの目に見たのである。

その瞬間のぼくは、ちょっとした感動を覚えていた。
やっと会えたというよりも、じぶんより体の大きなどうぶつが動いている、たったそれだけの、不思議な感動。

かれが大きな目をパチクリしながら歩いたり座ったりするのを見ていると、なんだか純粋なものを感じた。
かれは自動車保険のこととか、振り込め詐欺に気をつけようとか、海鮮丼のこととか、ひとつも考えていない。たぶん。

「純粋だって? 考えないのを純粋というのなら……」

いや、分かっているよ。
目の前のどうぶつを純粋と言ったら、純粋という言葉そのものや、いろんな事象が破綻するよ。
ぼくが感じたままを口にした、それがたまたま純粋という言葉だったんだ。

動物園に行かなくても、どうぶつには会える。
でも、でっかいどうぶつに会うと、何か特別な不思議を感じる。
理屈じゃない面白さ。