© Kotaro Imaizumi

合同作品展「好きなもの 集めたら」

2012年10月、FOLK old book storeにて。

展示キャプション

作品名「細雪」
作家名「谷崎潤一郎」

幸子の好む花は桜、好む魚は鯛である。夫の貞之助はこれを月並過ぎると可笑しがったが、作者・谷崎は「年を取るにつれて、昔の人の花を待ち、花を惜しむ心が、決してただの『風流がり』ではないことが、わが身に沁みて分かるようになった」と、幸子を通して自身の心の変遷を綴っている。