© Kotaro Imaizumi

合同作品展「好きなもの 集めたら」

2012年10月、FOLK old book storeにて。

展示キャプション

作品名「金閣寺」
作家名「三島由紀夫」

究竟頂上の鳳凰を想像し、主人公は天へむかって大きく口をあける。作中では「温かい口腔の中へ、隈なく雪が散って来て、私の赤い肉のおもてに融け浸み入るのが感じられた」とあるが、同じことを撮影時に試したとき、雪は口腔に入る間もなく、雪化粧の金閣に興奮した私の吐息に溶けてしまった。