© Kotaro Imaizumi

合同作品展「好きなもの 集めたら」

2012年10月、FOLK old book storeにて。

展示キャプション

作品名「金閣寺」
作家名「三島由紀夫」

主人公と柏木の邂逅は、大谷大学の赤煉瓦の壁を背に描かれている。柏木は「気恥ずかしさやうしろめたさを」持たず、「光の中に自足してい」ると同時に「存在している影そのものだった」とある。春の陽は、このシーンにおいて、ことさら影を主張するためだけに描かれている。光は、ないのだ。